佐賀県産業イノベーションセンター

新技術・新製品等の研究開発に関する相談

HOME > 相談分野・新技術・新製品等の研究開発に関する相談 > 令和5年度 さが「きらめく」ものづくり産業創生応援事業-新技術・新製品開発補助事業費補助金の二次募集開始のお知らせ(5月18日(木)~6月14日(水))

令和5年度 さが「きらめく」ものづくり産業創生応援事業-新技術・新製品開発補助事業費補助金の二次募集開始のお知らせ(5月18日(木)~6月14日(水))

募集を終了しました

さが「きらめく」ものづくり産業創生応援事業新技術・新製品開発補助事業費補助金(以下「補助金」という。)は、佐賀県においてものづくり産業に携わる中小企業者が行う研究開発において、DX、GXの実現に向けた新技術・新製品の開発や基盤技術の高度化に挑戦する取組を中心に支援いたします。

令和4年度募集からの変更点

1.パートナーシップ構築宣言を行っているものづくり事業者は加点します

(「パートナーシップ構築宣言」ポータルサイト(https://www.biz-partnership.jp/index.html)において宣言を公表しているものづくり事業者)

2.従業員に対して賃金引上げ表明を行うものづくり事業者は加点します

(事業場内の給与支給総額を年率3パーセント以上増加すること(賃金引上げ)を従業員に対して表明)

3.補助事業期間延長

 (令和4年度)交付決定日~同年度1月15日まで → (令和5年度)交付決定日~同年度1月末まで

応募資格

 次の(1)及び(2)を満たす者

(1)中小企業者であって、佐賀県内において研究開発を行うことができる工場等の事業所を有するものづくり事業者

(2)自己又は自社の役員等が、以下の①~⑦のいずれにも該当しない者

①暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年(1991年)法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)

②暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員を言う。以下同じ。)

③暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者

④自己、自社若しくは第三者の不正な利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって暴力団又は暴力団員を利用している者

⑤暴力団又は暴力団員に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等直接的又は積極的に暴力団の維持運営に協力し、又は関与している者

⑥暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者

⑦暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれらを利用している者

※上記の②~⑦に掲げる者が、その経営に実質的に関与している法人その他の団体又は個人である場合は、応募要件を満たしません。

対象事業

応募に当たっては、次の(1)又は(2)のいずれかの分野を選択してください。

なお、DX又はGXの実現に貢献する取組については優先的に採択されます。

(1)新技術開発分野

自社が保有する独自技術の高度化又は新製品開発等に繋がる基盤技術等の確立に挑戦する事業であり、補助期間終了後に補助事業の成果を活用した製品開発や応用技術の研究開発に繋げるために取り組む事業

(2)新製品開発分野

試作品開発や新製品に繋がる応用的な研究開発を行うことにより、新たな製品を市場に流通させるために取り組む事業であり、補助期間終了後3年以内の事業化を目指す事業

審査

提出書類及びプレゼンテーションによる面接審査を行います。審査方法や審査基準は募集要領に記載しています。

補助率、補助限度額、補助期間、補助対象経費

  1. ①補助率:補助対象経費の3分の2以内
  2. ②補助限度額:500万円(下限額100万円)
  3. ③補助期間:交付決定から令和6年1月31日まで
  4. ④補助対象経費:消耗品費、備品費、役務費、委託料、賃借料、技術導入費等

応募期間

令和5年5月18日(木)~6月14日(水)17時必着

応募方法

・申請書一式 【PDF形式】 【Word形式

・申請書類のうち「5.2補助事業に係る支出計画」 【Excel形式

・申請書類記入例【PDF形式】【Word形式

・プレゼン様式【Power Point形式

・従業員への賃金引上げ計画の表明書【PDF形式】【Word形式

・交付申請書類チェックリスト【PDF形式】【Word形式】 ※適宜ご活用ください。

要領関係

・募集要領 【PDF形式

・交付要領 【PDF形式】【Word形式

※応募をご検討されている方は、必ず事前に連絡・相談ください。

案内チラシはコチラ

<お問い合わせ>

佐賀県産業イノベーションセンター

研究開発振興課

☎0952-34-4413 FAX 0952-34-5523 ✉ kenkyuu@mb.infosaga.or.jp

Innovation in Saga

ページTOP